先輩からのメッセージ 特装事業部 本社特装工場 廣瀬 将人
千葉工業大学工学部 卒 2014年入社

廣瀬 将人

『はたらくくるま』に携われ、かつ「ものづくり」ができるこの仕事は自分にとって天職です。


Q.ヤシカ車体に入社した一番のきっかけは何ですか?

幼いころからトラックやダンプ・建設機械などの『はたらくくるま』が大好きでした。 また、「ものづくり」や「機械いじり」が趣味で、学生時代には車のレストアにハマっていました。なので、『はたらくくるま』に携われ、かつ「ものづくり」や「機械いじり」ができるこの仕事は、自分にとって天職だと思い志望しました。


Q .現在の仕事内容と、やりがいのある点・苦労する点について教えてください。

現在は特装事業部で特種車体の製造を行っていますが、先日までは坂東サービス工場でボディーの修理・改造の仕事に携わっていました。 修理という仕事は、ぶつけ方・壊れ方が毎回違うので、まったく同じ仕事というものは二度となく、毎回毎回が新しい仕事で、覚えなきゃいけないことや臨機応変に応用をきかせなくてはならないことが多いのです。 これは苦労であるとともにやりがいでもあり、まだ少ない経験ではありますが、その経験を生かして上手く修理が出来た時には、この上ない喜びを感じることが出来ました。 これからは、サービス事業部で身につけた知識と経験を、特種車体の製造で生かしてゆきたいと思っています。


Q .仕事を通じて、将来どんなことを目指していますか?

まだ技術が未熟で経験も不足していますので、今は先輩方に毎度教えてもらいながら仕事をしていますが、早く一人前の職人になり、より良い品質のモノを提供できるようになりたいです。 そして、自分たちが携わった仕事の成果として、社会や地域が活性化したり、皆さんの生活に潤いや安心を提供できるようになれたらイイなぁと思っています。


Q .就職活動中の後輩へメッセージをお願いします。

トラックボディーの仕事は、鉄・アルミ・ステンレス・特殊鋼・木材など様々な材料を使います。 これほど多岐にわたる分野に携われる仕事は、他にはなかなかないのではないでしょうか? もちろん、それだけ幅広い知識と技術、そして経験が必要になりますが、先輩方は丁寧に指導してくれますので、「ものづくり」が好きで、自分でいろいろな知識や技術を身につけたいと思っている方なら、ヤシカ車体はベストな選択だとオススメします。


<<一覧に戻る