先輩からのメッセージ

海老根 惇
経験も知識も「ゼロ」からのスタート。でも好きな事だから続けられるんです。

■海老根 惇

サービス事業部 本社部品加工工場

(帝京大学文学部 卒 2015年入社)

Q.ヤシカ車体に入社した一番のきっかけは何ですか?
幼いころからトラックや消防車、重機といった「はたらくクルマ」や「特殊車両」が好きでした。また、その延長で自動車模型収集の趣味もあり、もっと詳しくなりたいと思うようになりました。なので、自分の好きな「はたらくクルマ」に直接関わり、少しでも多くの技術や知識を身に付けたいと思い、この会社への入社を希望しました。
Q .現在の仕事内容と、やりがいのある点・苦労する点について教えてください。
現在は本社サービス工場で、主に部品の加工やトラックボディーの修理を行っています。修理も加工も、同じ内容の繰り返しのように見えますが、少しずつ違っており、臨機応変に対応しなければならないところが大変です。しかし、まだまだ未熟な技術でも、修理が上手にできたり以前よりも時間短縮して加工ができたときに、やりがいと喜びを感じています。
Q .仕事を通じて、将来どんなことを目指していますか?
私は大学が文学部の出身で、トラックや自動車についての技術や、修理に使う道具の名称なども分からず、本当に「ゼロ」からのスタートでした。ですが、先輩方から毎回丁寧に指導していただいて、何とか仕事ができています。今は、早く一人前の職人へと成長して、一人でどんな案件の仕事でもできるようになりたいと思っています。
Q .就職活動中の後輩へメッセージをお願いします。
私は入社前、仕事内容への知識や技術がないとダメかな?と不安に感じていました。ですが、先輩方はわかりやすく、かつ丁寧に指導してくださるので、そんな不安や心配は全くいりません。「クルマが好き」「ものづくりが好き」という方にはピッタリな会社。それが「ヤシカ車体」であると強く思います。
<< 一覧に戻る