ヤシカ車体|リクルート|メッセージ

先輩からのメッセージ

仲野 慎太郎
“ゼロ”からトラックを設計していくこの仕事にやりがいを感じています。

■仲野 慎太郎

特装事業部 設計・業務課

(日本大学工学部 卒 2015年入社)

Q.ヤシカ車体に入社した一番のきっかけは何ですか?
同じ製造業でも、毎日同じ繰り返しのライン作業などはイヤでした。多分自分の性格的にも、向いていなかったでしょう。でも、ここの製造は、ちょっと違う。「お客様の要望に応えて、様々な修理の仕方がある」との話を聞いて、実際とてもおもしろそうだなと思ったのがキッカケです。
Q .現在の仕事内容と、やりがいのある点・苦労する点について教えてください。
以前は、修理メインのサービス事業部に所属し、本社サービス工場にて様々な修理を経験させてもらいました。現在は、新車や特種車輌メインの特装事業部で、設計を担当しています。ゼロからトラックを設計していくことにやりがいを感じています。まだまだ設計の知識と経験が不足しているので、仕事の進み具合が悪くて先輩や同僚に迷惑を掛けてしまっていますが、早く戦力になりたいと思っています。
Q .仕事を通じて、将来どんなことを目指していますか?
今はまだ現場から異動して間もないので、先輩から教えられる事ばかりですが、将来的には何事も迅速な対応ができ、ひとりではなく周囲の仲間と大きな成果を上げていければと思っています。
Q .就職活動中の後輩へメッセージをお願いします。
就職活動中は、自分もどんな仕事が向いているんだろう?と色々と悩みました。でも、経験から言えることは、食わず嫌いをせず色々な業種・会社を見て、自分の将来を考えることが大切だと思います。遠回りかもしれませんが、きっと自分に合う仕事が見つかるハズですよ!
<< 一覧に戻る